無理な期待やせっかちな生活環境|吃音の原因や改善法に迫る

医者

心の専門家

カルテ

心の病には、心療内科や精神科など、専門家によるカウンセリングが有効です。このようなカウンセリングが受けられる施設は、神奈川をはじめ、全国的にあります。ストレス社会の中で、カウンセリングを必要とする人の数は今後も増え続けるでしょう。

読んでみよう

子どもの言語障害

医者

定義と特徴

子どもの言葉の障害の一つに吃音があります。吃音はキツオンと読み、滑らかに話せない言語障害です。2才から5才までの男子に多い障害で、ほとんどの子どもは自分でこの障害を克服します。なかにはこの障害が長期間続いてストレスや不安感をいだいたり、学校での友達とのコミュニケーションなど社会生活に影響を与えることがあります。この様な状態を吃音症といいます。吃音症は15才以降に多い頭部外傷や心的外傷の後にでる場合もありますが、多くを占めるのは発達障害の一つで発達吃音症とよばれます。発達吃音症の危険因子には、発生に必要な筋肉や脳神経に問題がある遺伝性の因子と親の無理な期待やせっかちな生活環境などが考えられています。

症状と治療

吃音症では同じ言葉をくり返したり・延ばしたり、中止したりします。発生時に顔の筋肉が緊張したり不安感を伴うこともあります。疲れや心配事があるときや複数のヒトの前や電話で話すと悪化し、一人で歌うときなどにはおこらないことがあります。うまく話せないことで周囲のヒトとの意思疎通が取りにくくなり、学校でのいじめにあったり登校拒否をおこす場合もあります。吃音症についての診断や治療などについての相談は、各地域の発達障害者支援センターでおこなえます。紹介される医療機関の精神科・心療内科や耳鼻科などでは言語障害の専門医によって診断がなされ、言語聴覚士によって子どもへの治療や家族に対する患児との接し方の指導がなされます。小中学校では吃音症に対する特別支援教育が実施されます。

利用者が増えています

医者

東京都周辺にもたくさんある心療内科クリニックは、受診を希望する人が年々増加していると言われています。大人はもちろん、子供も大きなストレスを感じているケースも少なくはなく、この傾向はしばらく続きそうです。

読んでみよう

心の不調を取り除く

カウンセリング

名古屋の名駅近くにあるカウンセリングで悩みをカウンセラーに話すことにより解決することが出来ます。都合の良い日を予約して悩みを聞いてもらいましょう。心がスッキリとして眠れないなどの症状もなくなるでしょう。

読んでみよう